×

CATEGORY

お問い合わせはこちら

 

会員登録はこちら

店舗案内

概要・アクセス

 

ブログ紹介

古賀正三店長169
店長の古賀正三です。
自分の力で元気になる!自然免疫力をアップさせる健康相談を実施しています。

読み物
店長ブログ
店長ブログ 旧2店長ブログ 旧1

自然免疫の世界

MRE新酵素 特許取得情報

MRE新酵素 特許情報 会員様

MRE新酵素 会員様情報

岩盤浴 ソフト岩盤 テラヘルツ ホルミシス お客様の声 喜びの声

カバノアナタケ会員様情報 カバナVie2

我が足跡を辿る 嶺川公利 三芳薬品創業者
 

店舗紹介

三芳薬品外装

佐賀県唐津市相知(おうち)町の
昭和4年創業の薬屋です。

美芳の会
三芳の会1207
月1回、30分で身体の中から美しくなる女性の為の会「美芳の会」を開催しています。
 

HOME»  目の駆け込み寺»  目の働きと現代人の目の疲れについて

目の駆け込み寺

目の働きについて

 言うまでもなく、目の働きは「ものを見る」という事です。

  人は朝、目が醒めると、五感を通じて情報を収集します。
当然耳や鼻、触覚による情報収集も行うわけですが、情報収集量が一番多いのが目で見る事です。
しかも、目の働きは単にものを見るだけではありません。
古くからのことわざに「目は心の窓」とあるように、目を通じて自分の感情や意識を伝えるという働きがあります。
アイコンタクト

 つまり、ものを見るということには、

1)物の形や大きさを見極めて判断する「視力」

2)光を感じ、その強さを判断する「光覚」

3)色を見分ける「色覚」

4)一点を注視してみる「視野」

の要素が含まれると同時に、それらを総合し、他人とのコミニュケーションを図るという働きがあります。

しかし、目が疲れ、目の病気にかかったとき、とりわけ視力障害が起こったときには、怒りっぽく神経質になりやすくなります。
なぜなら、見る事が出来ないことによって外の状況が把握できず、自分の気持ちや考えを伝えにくくなり、心と心の交流が阻害され、大きなストレスになるからです。

(鯉魚胆の謎を解くより)


***********************************
 
現代人の目は疲れている

 疲れ目は、専門的には「眼精疲労」といい、長時間同じ作業を続けたり、目を使い続けることで起こって来ます。
これは身体の疲労とも良く似ていますが、同じ作業を繰り返し、酷使することで疲れがどんどん貯まってくるのです。
それでは「眼精疲労」の原因には、どのようなことがあるのでしょうか。

1)ドライアイ、目が乾燥する状態によるもの(60%)

2)近視、遠視、乱視などの屈折異常や調節力障害によるもの(40%)

2)緑内障などの目の病気を合併している時などが考えられます。
目の構造 水晶体 硝子体 房水 水分

(1)ドライアイについて

●原因

私たちの目はまばたきをすることで、目の表面を涙で潤して目が乾くのを防いでいます。
しかし、連続してものを見続けると、まばたきの回数が極端に減って涙の量も減っていしまい、目の表面をおおう涙の膜が不安定になります。
この状態で長時間目を使っていると目はさらに乾燥し、ドライアイとなってさまざまな病状を引き起こします。

 また、年をとるとシワが増えて皮膚が乾いてくると同様に、涙も少しずつ減って来ます。
一般には涙の量にもバランスがあり、普通は問題にならないことが多いのですが、バランスが崩れることでドライアイになることがあります。

 涙の量が少ないと、目に入った異物を洗い流すことができません。
ドライアイになると多くの人がその症状で悩んでいる花粉症のように、目に入った花粉を洗い流すことができずに、「目のかゆみ」がいつまでも続くことになります。


●病状

 ドライアイになると、

1)目が疲れやすくなる

2)本を読んでいるとショボショボとなる

3)目がほてってくる

4)目がかゆくなる

5)目ヤニが多く出る

6)白目が充血する

7)たばこの煙で目がしみる

8)朝、まぶたが開けにくい

9)涙が出にくく、目が乾いた感じがする  

などの病状が見られ、パソコンやテレビを見ているとまぶしくなったり、疲れがひどくなって、字がぼやけてくるようになります。

(鯉魚胆の謎を解くより)

***********************************


(2)近視、遠視などの屈折異常について

●近視について

 目に入ってきた光は角膜と水晶体を通り屈折して、網膜に像が写し出されます。 目はピントを合わせるために毛様体で水晶体の厚さを調節し、虹彩で光の量を加減します。

 近視は屈折異常の一種です。
目に入ってきた光が網膜の手前で像を結んでしまうので、物がぼやけて見える状態です。

 原因としては幾つか考えられます

1)眼軸の長さが長すぎる場合、

2)角膜、水晶体の屈折力が強すぎる場合、などがあげられます。

 一般的に成長過程で近視になる場合が多いのですが、環境も影響されると考えられています。
勉強や読書、テレビの視聴やコンピュータゲームなどで、近くを見る作業を長く続けていると目が疲れ、近視になりやすいといわれています。
また、親が近視の場合、子供が近視になる可能性は比較的高く、遺伝的な要素が複雑にからんでいると考えられています。


●遠視と老眼

 遠視と老眼は、どちらも凸レンズの眼鏡を使用するので混同されがちですが、原因が違います。
遠視は遠いところを見るときの屈折異常です。
しかし、老眼はだれもがなる“目の老化”です。
私たちの目の中で、水晶体はカメラのレンズに相当する働きをします。
レンズとして光を集め、ピントを合わせる機能は加齢とともに低下し、水晶体の弾力性が弱まり、近いところを見る際に網膜にピントが合わなくなるという現象です。
この症状がいわゆる老眼です。

 老眼の症状は、多少の差はありますが40歳前後から現れる、近いところをみるときだけの問題です。
しかし、近くが見えにくくなっているのに無理していると、肩こりや目の疲れ、頭痛や吐き気などの症状が現れ、体調を崩す原因ともなります。
老眼鏡などをかけたりして、できるだけ目をいたわることです。

(鯉魚胆の謎を解くより)

***********************************

(3) 緑内障とは

 緑内障とは、視神経が障害されることで視野が狭くなる病気です。
眼圧の上昇がその病因といわれています。

 眼球の中で、血液のかわりに栄養などを運ぶ「房水」とよばれる液体がたえず作られています。
この「房水」の圧力で目の形状が保たれています。
これを眼圧と呼びます。
このような「房水」は、眼球内でほぼ一定の量で保たれています。
ところが、「房水」出口の目詰まりや働きの低下で作られる量より出ていく量が減ってくると、眼球内の圧力(眼圧)が高まり、視神経を傷つけるのです。

 日常生活においては、ものをみる場合は両目でカバーするため、異常に気づかないことも多く、暗点が拡大して見えない範囲が広がり、視力も悪くなって日常生活に支障を来すようになって、初めて気付くことが多いようです。

緑内障 視野狭窄 血管の目詰まり 血液ドロドロ 
(鯉魚胆の謎を解くより)

***********************************
 緑内障は視神経が障害されて視野が狭くなる病気で、進行すると視力低下や失明に至ることもあります。

原因としては眼圧が関係していると考えられていますが、最近の統計では、眼圧が正常範囲内でも緑内障が起こる割合が高いことが分かっています。
房水の流出が妨げられると眼圧が上がる。

原因は静脈の血行不良による毛様体のむくみ!



***********************************

(4)老人性白内障

 老人性白内障は、超高齢化による平均寿命の延長による高齢者の増加に伴って、今後ますます増加が予測される目の病気です。

 水晶体は本来透明で、網膜に光を集めて物の像を結ぶ働きを持っています。
しかし、その水晶体が濁ってくると網膜に像を結ぶ働きが弱り、ものがかすんで見えるようになります。
この水晶体の濁った状態を白内障と言います。

 老人性白内障になると、

1)ものがかすんで見える、

2)濁った水晶体の部分で光が反射するので、光の強い戸外や逆光ではまぶしく、見えにくくなる。

3)高齢になるほど水晶体が黄色に着色し、水晶体の濁りが加わると、暗い所ではものが見えにくくなる、

4)ひとつのものが二つ、三つに分かれて見える。

などの症状が見られるようになります。

(鯉魚胆の謎を解くより)






鯉魚胆 ニューアイリタン


小冊子「鯉魚胆の謎を解く」は、店頭でお配りしております。




********

水晶体はなぜ濁るのでしょうか?

目玉焼きの白身は熱によってタンパク変性し、透明から白くなりますが、目の場合は活性酸素が原因なのです。
目玉焼き 酸化

白身=水晶体、熱=活性酸素と置き換えてみるとわかりやすいですね。

水晶体は、33%がタンパク質です。 このタンパク質が、活性酸素によって、じわじわと変性することで、混濁していきます。

ですから、活性酸素除去することが大事なのです。

これで、ひとまず症状の進行を食い止めましょう。

同時並行して、活性酸素が発生しない環境づくりと、細胞が生まれ変わりやすい環境づくりが大切です。


白内障 活性酸素 白く濁る

⇒(3)大切な目の健康を保つために

⇒(1)目の駆け込み寺


***********************************

※目の症状でお悩みの方お気軽にご相談ください。


***********************************


健康の土台となるのは、良い食事とそれを補うサプリメント(自然健康食品)、適度な運動、良い水、正しい呼吸、休息・睡眠、排泄です。

解毒、抗酸化・抗糖化、血流、栄養の4つが大事です。 



ご相談のお電話:0955-62-2307

メール:こちらから