×

CATEGORY

お問い合わせはこちら

 

会員登録はこちら

店舗案内

概要・アクセス

 

ブログ紹介

古賀正三店長169
店長の古賀正三です。
自分の力で元気になる!自然免疫力をアップさせる健康相談を実施しています。

読み物
店長ブログ
店長ブログ 旧2店長ブログ 旧1

自然免疫の世界

MRE新酵素 特許取得情報

MRE新酵素 特許情報 会員様

MRE新酵素 会員様情報

岩盤浴 ソフト岩盤 テラヘルツ ホルミシス お客様の声 喜びの声

カバノアナタケ会員様情報 カバナVie2

我が足跡を辿る 嶺川公利 三芳薬品創業者
 

店舗紹介

三芳薬品外装

佐賀県唐津市相知(おうち)町の
昭和4年創業の薬屋です。

美芳の会
三芳の会1207
月1回、30分で身体の中から美しくなる女性の為の会「美芳の会」を開催しています。
 

ストレス

ストレスからくる症状 ご相談ください
ストレスから来るこんな症状

うつ症状、不眠症パニック、自律神経失調症、心のもやもや感

色々なお悩みやストレスで体調を崩されてお困りの方

精神面と肉体面の両方
心・体ともに健康な状態にしましょう。

 

基本理念

まずは 体の健康が第一です

 なぜ人間は病気になるのでしょうか
なぜこんなに病気が多いのでしょうか
本来人間は、健康なのが当たり前なのです
人間の体は治るようにしかできていない、決して悪くなるようにはできていない
この言葉はある先生から教えていただいた言葉です

毎日病院では多くの人が治療をしているにもかかわらず
そして製薬会社は毎日研究をして 新しい薬を作り出しているにもかかわらず
なぜ世の中には こんなに病気の人が多いのでしょう

昔は四百四病といわれていたにもかかわらず
現代では数え切れないほどの病気が どんどん増えてきています
病名が増えるということは 今までになかった病気が増えているということです
どうして病気になるのか その根本の原因とはなんでしょうか



病は気からは本当です

自分の体は何でできていると思いますか
人間の体は詳しく言うと 体、心、命 の三つに分けられますが
大きく分けると二つに分かれます
一つは目に見える肉体です
もう一つは心と命です
心と命は目には見えません。
でもみなさんあることはわかっていると思います。

人間は 毎日食べ物を食べることによって 血液や骨や筋肉を保っています
ですから私たちの肉体は 毎日食べている食べ物でできています
だから食べ物や食べ方に問題がある人は それを改善しなければなりません
毎日ハンバーグや肉ばかり食べている人
いつもカップラーメンや炭酸飲料ばかり摂っている人
さらには、外食ばかりの人
そういう人は食事のバランスをとらなければなりません
お野菜が足りなかったり 緑色のものをあまり摂らないと
体のバランスを崩して体調が悪くなったりします
しかも 体に良い無農薬の野菜ばかりを摂ろうとすると一般的には大変です

今は天然のお野菜を超えるような健康食品もありますので、利用されるといいでしょう
例えば、クラルスCGMというクロレラ製品があって
それを食べることによって食事のバランスは十分にとれます
ですからクラルスCGMなっどの
健康食品で体調がよくなる人はそれほど深刻な問題ではありません
現在問題が多い人は精神のバランスが崩れている人です
精神とはあなたが考えること 思うこと つまり心の持ち方です

昔から 病は気から といいます
わかりやすくいえば 精神的なストレスが原因ということです
気は目には見えませんが
昔から天気 景気 元気 短気 など気が付く文字がたくさんあります
わかりやすくいえば 気はエネルギーということです
エネルギーは見えませんが 誰でもご存知の通り毎日の生活で使っているものです
つまり病気の人は気が病んでいるから
気(エネルギー)が巡っていない または不足している
ということです
だからその原因をはっきりして対処すればいいと思います



今の病気のほとんどはストレスが原因です

実は人間の体というのは ストレスに対してちゃんとできているのです

みなさんもご存知の通り 試験の前や大勢の人の前で話すときなど 緊張するのが普通です
そして このときストレスに対応するホルモンも体の中でつくられています
ですから少々のストレスには 人間の体は耐えるようにできています
しかし過度に しかも長期にストレスを受け続けると
ストレスホルモンも出なくなり ストレスに対応することができなくなります
そうなると大変です
体はバランスを崩し 自律神経が狂ってしまいます
この状態が病院の先生がよくいわれる自律神経失調症です

ですが この自律神経失調症というのは病名ではありません
あまりにもいろいろな症状が出すぎて 病名が付けられないのです
検査しても肉体的には何の異常もでません
しかし 胃腸の働きは悪く痛みがあったり
ムカムカしたり 胸が息苦しくなったり
体がフラフラになったり 頭痛がしたり
のぼせたり いろいろな症状が出ます

しかし わかっちゃいるけど 生まれながらの性格やクセはそう簡単には直りません
ついついマイナスを思ったり マイナスなことを言ったりしてしまったります
性格を変えるのは至難の業です
ですからすこしでもストレスに強い体になるように
その人にあった食品(健康食品)をとることが大変重要になります

このようなものを毎日摂ることによって
ストレスにも強くなり こころさわやかに からだすこやかに
健康な毎日を過ごすことができます

皆さんストレスはどこにくると思いますか?
実は肝臓にくるのです
英語ではヒステリーという言葉がありますが
日本ではかんしゃく持ちという言葉があります
ストレスを受け続けると肝臓の機能が低下して
いろんなホルモンや酵素なども作ることができなくなります
そして情緒を安定させることができなくなり
自律神経がくるってしまった結果 病気に向かいます



このような方は要注意。

こだわりが強い 怒りが強い 心配性 自己中心的 マイナス志向
ご相談を受ける中でこれは何が入っているからいけないとか
無農薬のものしか食べないとか 玄米菜食などにこだわっている人がいます
それはそれで良い事なのですが
食べ物は家族の方みんな同じものを食べているから
体は丈夫にならないといけないようですが
実は病気の人が多いのです
食べ物が血となり肉となり体を作ります

食べ物に農薬や添加物など 化学薬品が入っていないものばかり摂っているのに
病気になりやすいというのは、精神的なものが原因だということです
こういう人は心配性の人が多いのです
道を歩いていても交通事故に遭うのではないかとか
飛行機に乗ったら落ちるかもしれないから絶対に乗らない人
先のことを心配ばかりしてすごしている人
この様な人は、食べているものがよくても心配するので
体の中でマイナス物質をどんどん作ってしまいます
それで病気にもなっています
だから余計な心配はしないほうがいいですね



 
~身体に良いと言われる健康素材の解説~

キトサン(カニ)、キチンオリゴ糖、田七人参、カキ殻、生姜
 


 
田七人参

田七人参

ウコギ科人参属多年生草木で 薬用人参の一種です
三年から七年後に収穫します
その為 三七とか参七とも呼ばれています
田七の薬性は 穏やかで毒性を含まないのが特徴です


田七人参の薬理作用

血流改善 止血作用
消炎・鎮痛作用
肝炎肝機能作用
高血圧・高脂血症の予防
糖尿病合併症の予防



低分子水溶性キチンキトサン

低分子水溶性キチンキトサンとは、カニやえびなどの甲殻類の殻に含まれるキチンという物質を精製処理したものです。
水溶性であるために体内への吸収率が良く、水溶性の安定性も高く臭いがありません


低分子水溶性キチンキトサンの薬理作用

細胞の活性化 免疫力を高める
コレステロール吸収抑制と調整
血圧降下
代謝促進
血糖上昇抑制作用
発癌物質 放射性物質 貴金属類の排出
抗癌・癌転移阻止
精神科領域
体全体の機能を高める



牡蠣殻

貝殻は牡蠣(ボレイ)といい、日本や朝鮮・中国などの近海に分布する、イタボガキ科のマガキなどの貝殻で、通常、カキ全体を指して牡蠣と書きますが、牡蠣とは本来、カキの貝殻のことを指します。
焼成してから粉砕した粉は日本薬局方に「ボレイ末」として記載の生薬です。

牡蠣殻の薬理作用

心臓の機能更新を抑え 動機等を抑える作用
自律神経に対し鎮痙的に働き 精神作用
胃酸過多を抑え、制酸作用
鎮静 鎮痛作用
解熱作用など



生姜


生姜

ショウガの根茎をそのまま、あるいはコルク質を取り除いて乾燥したものを一般に生姜と言い、蒸して乾燥させたものを乾姜と言います。
発汗 健胃 鎮嘔などに有効で、きわめて重要な生薬の一つです


生姜の薬理作用

芳香性健胃
辛味性健胃
消化促進
食欲増進材
新陳代謝を促進
嘔吐 発熱 鼻づまり
水毒を去る など



田七人参の素晴らしい働き

1、副作用がない

中国最古の薬物書(神農本草経)では薬を 上薬 中薬 下薬 と分けられています。
上薬 とは、命を養うことをむねとし 最高のものに相当する
毒がないから長期にわたり服用しても害がないとされています


2、ドロドロの血をサラサラに

田七人参の重要な働きに ドロドロに汚れた血液をサラサラに変え
血の滞りを取り除いてスムーズな血流にする作用があります


3、疲れやすい人に

だるい 疲れやすい 気力がない 肩がこるなど ほとんどは血液の滞りから来るもので
半健康状態のほとんどの現代人に見られます
田七人参は血液の流れをよくして体の調子を整えます


4、ストレス解消、ストレスは万病の元

ストレスによって免疫力が低下すると 高血圧 狭心症 胃潰瘍 気管支喘息 糖尿病 癌など
にかかりやすくなると言われています
ストレスを受け続けると抹消血管の収縮 血小板凝集の増加 そして動脈硬化を促進する
ことが明らかになっています


5、ストレス予防効果

田七人参は中枢神経に作用してストレスを予防することが認められています


6、血液を浄化、活性化する田七人参

肝臓  肝臓はストレスや怒りなどによって機能低下を起こします
心臓  心臓は喜びすぎると、または人をあざける笑うと機能低下を起こすといわれています
腎臓  腎臓は恐れや恐怖心があると機能低下を起こすといわれています
田七人参は五臓の中でも肝臓・心臓・腎臓の働きをよくします


本当にすごい、キチンオリゴ糖

キチンオリゴ糖の特徴

キチンオリゴ糖は白い粉末で水溶性です
オリゴとは少ないという意味で、単糖のN-アセチルグルコサミンが2~8個繋がったという意味です。
酸には溶けないため胃の中は素通りして、腸で働きます。
体内で吸収可能な分子量は3500といわれていますので、キチンオリゴ糖は、分解されなくても吸収される大きさです。


1、癌の転移を抑制する働き

癌転移抑制について癌学会で発表。
キチンオリゴ糖は接着分子をブロックし、転移を防ぐ働きをします。
癌細胞の周りに帯電するスルホン基にキトサンが付着、癌細胞のエネルギー路をたつ。


2、腸内有効細菌(ビフィズス菌)を増加させる働き

キチンオリゴ糖はビフィズス菌のエサとなり、蠕動運動を促し、腸管内だけではなく奥の奥まで
働き、血中ではマクロファージの受容体に結合して免疫を高め、さらにキトサンが有害物質の吸着・排出をします。


3、その他の作用

これまでに研究で血糖値上昇抑制作用、免疫機能を活性化する作用が報告されています。


低分子水溶性キチンキトサンの素晴らしい働き

1、キトサンの食物連鎖

キトサンはバッタやカブトムシなどの甲殻類にも多く含まれ、キトサンを吸収した農作物を食
べることで自然に体に取り入れていました。
しかし、農薬や環境汚染により虫の死骸を分解するバクテリアや昆虫そのものが少なくなり、
その結果、農作物からキトサンを摂ることが困難になりました。


2、低分子水溶性キチンキトサンは体内の洗浄剤

低分子水溶性キチンキトサンはキレート作用で重金属をキャッチします。
水銀、ウランなどの金属イオンを挟み込み排出する働きがあります。
その他、カドミウム、鉛、ヒ素など。
キレートとは、ギリシャ語で「カニのハサミ」と言う意味です。
低分子水溶性キチンキトサンはプラスの荷電を持っています。
ダイオキシン、農薬、塩素、トリハロメタンなど、ほとんどの有害物質は
マイナスの荷電を持っているため吸着され体外へ排出されます。


3、癌の抑制作用

毎日3千から5千個のがん細胞が発生し、免疫細胞が退治しています。
低分子水溶性キトサンの働きにより、抗癌剤、放射線治療の副作用も軽減します。


4、メタボを撃退

低分子水溶性キチンキトサンの働きで塩素を吸着・排出することにより血圧を下げます。
一酸化窒素(NO)血管弛緩作用で血圧を調整します。
体内にたまった余分な脂肪分を吸着・排出します。
血液中の中性脂肪、コレステロールを吸着・排出します。


5、肝腎要の肝臓と腎臓

肝臓は食べたり飲んだりしたものを解毒する働きがあります。
腎臓は血液をろ過して尿を作ります。
低分子水溶性キチンキトサンは血液や腸の中で有害物質や老廃物を
効率よく排出するので肝臓や腎臓の負担が軽くなります。


6、糖尿病と合併症

肝臓でブドウ糖(血糖)が合成されます。
血糖は体にとって重要なエネルギー源です。
しかしインシュリンの分泌が少ないと高血糖となり糖尿病につながります。
低分子水溶性キチンキトサンは酸性体質を改善し、インシュリンの働きを活性化させます。


7、うつ、更年期障害

うつはダレでもかかる可能性がある病気です。
ストレスなどで脳内神経伝達物質のバランスが乱れると起こりやすくなります。
更年期障害の原因は卵巣から分泌される女性ホルモンの低下です。
女性の臓器で最初に衰えるのが卵巣です。
30代後半にはすでに老化が始まるのです。
低分子水溶性キチンキトサンは副作用がなく、副交感神経を通して脳のリズムを整わせ、
自律神経を安定させる働きがあります。



~ご相談の体験談~

 
パニック症候群
 

1年ぐらい前よりパニック症候群といわれ、病院で薬を貰い、時々飲んでいました。
しかし、中々治らず、毎日何回か発作を起こすようになりました。
知人の紹介で、一度相談に行ったらと言われ相談に伺いました。
そこで症状を聞かれ、説明を受けだめで元々と思っていました。
何か気分が落ち着いてきて1ヶ月間、発作は1回も起きませんでした。
お陰様で、完治に向かって少しずつ前向きになれました。

26歳 女性 


うつ・高血圧・首筋のこり

長年、うつ病と高血圧で悩んでいました。
昨年8月より「加味逍遥散」を飲み始めました。
漢方薬プラスアルファで直ぐに体が軽くなるのがわかって、約2ヶ月でうつ症状は出なくなり、
12月には血圧も安定してきました。
56歳 女性

高血圧・腎臓病

今まで20年間、薬を飲み続けて血圧が下がりませんでした。
1ケ月しないうちに確実に、上下の血圧の数値が下がってきました。
62歳 男性

肩こり・首筋のこり・頭痛
 

急に肩と首筋がこって、中々とれなくなり、1ヶ月後からは頭痛も起こり始めて、
3ヶ月経っても全く良くなりませんでした。
今までこのような事は無かったし、重労働しているわけでも無いので、早く良くしたいと思い相談しました。
おもな原因はストレスでしょうと言われました。
自分にも思い当たる伏があったので3日間で頭痛が軽くなり、いつもガチガチできつかった肩と首筋のこりが
1週間ほどで楽になりました。
その後1ヶ月ほどで以前のように元気になりました。
32歳 女性

疲れ・免疫力アップに

仕事は毎日残業が多くて、体も疲れて元気のない生活を送っていました。
何か体力がでるものが無いかと思って相談しました。
疲れなくなり、体力も出てきて元気になりました。
現在は凄く体調も良いです。
45歳 男性

ストレス病

自営業をしています。
仕事柄ストレスが多くやる気がなくなり、少々うつ気味になっていました。
インターネットのホームページで相談したところ
徐々に体が楽になり、イライラしなくなり、3日目にはぐっすり眠ることができました。
耳鳴りが1ヶ月ぐらいかかりましたが、お陰様で仕事の方も元気で働けるようになりました。
47歳 男性

自律神経失調症・うつ

昨年より小学校の教師として勤めていたが、8月頃より教壇に立てなくなり、それ以来学校を休んでいます。
今年3月まで学校は休暇扱いのため、それまでに良くしたいと、昨年12月に女性の母親から相談されました。
一週間でかなり体調が良くなり、二週間後にご本人から電話をいただきました。
明るく前向きで、ほとんど精神的には問題がないくらいになっていました。
26歳 女性

腎臓病

急性腎炎から腎臓がんになり、片方は切除しました。
再発防止と腎臓の働きを良くするため、朝は食事の変わりに酵素を飲みながら、
以前より、血色も良くなって体力も出てきました。
48歳 男性

肝臓病・神経疲労

現在は働いていません(求職活動中)。仕事をする気力もやる気もない状態で、
ただ家の中で動かず閉じこもっている状態でした。
「正官庄紅参」プラスアルファで1ヶ月後には、自分でアルバイト先を見つけに行くまでに回復しました。
32歳 男性

糖尿病

長年会社の経営をやっていたので、食事も美食となり、酒の方もほぼ毎日飲んでいました。
その結果、とうとう目にきて、白内障と緑内障と同時になりました。
病院の薬は飲んでいましたが、血糖降下剤を飲んでも一生糖尿病は治らないし、
養生しないことには他の合併症が出て大変なことになりますよと言われました。
水溶性低分子キトサンは糖尿にも良いし、目の病気にも凄く良いと聞いていました。
田七人参は全身の血管系に良いと言われているので、糖尿にも目にも良いだろうと言うことでした。  
ヘモグロビンA1Cも下がってきて、3ヶ月後には200以上あった血糖値が120ほどになり、
ヘモグロビンA1cも8.0あったのが6.0となり驚いています。
今は、目のほうも凄く調子がよくなっています。
72歳 男性

頭痛・生理痛

生理が近くなると、めまい・吐き気・頭痛がひどくて、仕事もできない状態になり、偏頭痛もひどい状態でした。
4日後に生理になりましたが、めまい・吐き気・頭痛もありませんでした。
38歳 女性

全身の筋肉痛・膝痛

気がついた頃より、筋肉痛が起こり始め、しだいに全身の筋肉が痛み出しました。
それから関節も痛くなり、最後には無理しているわけでもないのに膝まで痛くなり、どうしようもなくなりました。
病院には行きましたが原因不明ということで、痛み止めと血行を良くするものを飲んで良くならなかったので、相談しました。
私が人間関係で苦しんでいて、その結果自律神経やホルモン系、免疫系がバランスをくずし、血行不良となり、筋肉が栄養と酸素不足で痛みが生じていると言う事でした。
心と体の両面から良くしていかなければいけないと言う事でした。
一週間たった頃よりなんとなく痛みが軽くなってきて、1ヶ月後は嘘のように楽になりました。


 
50歳 男性

自律神経失調症

今まで主人からいつもガミガミ言われ、自由に外出することもできず、買い物はサッサとすませるなど、
ストレスがかかる生活を40年間していました。
体の不調で病院に行くと自律神経失調症と診断され、色々と薬を貰い飲みましたが良くなりませんでした。
それで相談に伺い、1日もたたないうちに、スーッと楽になっていくのがわかりました。

 
64歳 女性
 

 
(体験談は、あくまでも個人の感想で、特定の商品の効能効果をうたったものではありません)
 
 
~不健康な現代人!~

・まずは、「体の健康」が第一です。

・「病は気から」は本当です。

・今の病気のほとんどはストレスが原因です。

心も体も健やかに!
 

ストレスの多い現代社会の人々のために

心と体の健康を考えましょう。

毎日の健康維持、増進にご相談ください。


 
お問い合わせ

お電話: 0955-62-2307 お電話: 
0955-62-2307


 
~三芳薬品のおすすめ自然健康食品~

心体活生 キトサン キチンオリゴ糖 田七人参 カキ殻 生姜
●心体活生


 
スマートフォンサイト↓
ストレスからくる症状 ご相談ください