×

CATEGORY

お問い合わせはこちら

 

会員登録はこちら

店舗案内

概要・アクセス

 

ブログ紹介

古賀正三店長169
店長の古賀正三です。
自分の力で元気になる!自然免疫力をアップさせる健康相談を実施しています。

読み物
店長ブログ
店長ブログ 旧2店長ブログ 旧1

自然免疫の世界

MRE新酵素 特許取得情報

MRE新酵素 特許情報 会員様

MRE新酵素 会員様情報

岩盤浴 ソフト岩盤 テラヘルツ ホルミシス お客様の声 喜びの声

カバノアナタケ会員様情報 カバナVie2

我が足跡を辿る 嶺川公利 三芳薬品創業者
 

店舗紹介

三芳薬品外装

佐賀県唐津市相知(おうち)町の
昭和4年創業の薬屋です。

美芳の会
三芳の会1207
月1回、30分で身体の中から美しくなる女性の為の会「美芳の会」を開催しています。
 

花粉症・アレルギーでお悩みの方へ

花粉症・アレルギー性鼻炎でお悩みの方へ!

●アレルギー性鼻炎は、春に多くあらわれる花粉症と、1年を通してあらわれる通年性アレルギー性鼻炎 とがあります。

今や花粉症は、3人に1人がかかっていると言われています。


●花粉症の原因を引き起こす花粉は、空気中を広く飛散している間に、車の排気ガスなどの物質と結合して アレルゲンとなります。

汚れた花粉が目に入ると、涙が出て真っ赤になるアレルギー性結膜炎が起こります。

鼻の中に入って粘膜にくっつくと、連続的なくしゃみや、多量の水様性鼻汁を出すアレルギー性鼻炎を  引き起こします。


女性 スカットリターン


~花粉症・アトピー・喘息・アレルギー性症の方!~

健康食材(素材)

青・温州みかん
 (初夏に採取したミカン)
 
温州青みかん

ヘスペリジンとナリルチンという成分が  健康を保つために頑張ってくれます。  


牡蠣の貝殻  
牡蠣の貝殻 ボレイ末 イオン化カルシウム

焼成して粉末にした「ボレイ末」は、体内でイオン化カルシウムとして働きます。  


コラーゲンペプチド  

保温性があり皮膚・髪・骨・粘膜に役立つ成分で、アレルギー症改善にも良好です。魚類皮抽出の原料。


●花粉症になって1~2年の方、早めの対策を!

●花粉症になって3~5年、食生活にも問題がある方、じっくり体質改善を!

●花粉症になって6~10年以上の方は、根本的に体質改善をしなければ、ひどくなるばかりです。
 あなたに合った漢方薬他自然素材をおすすめいたします。



~店長より一言~

私も20年近く、ひどい花粉症に悩まされてきました。
改善方法はお任せ下さい。

花粉症・アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎。気管支喘息・じんましん・老人性皮膚掻痒症など、つらい、長引く慢性病でお困りの方は、ぜひ当店にご相談ください。
お気軽にお問い合わせください!



青みかん

○青みかんの有効成分、ヘスペリジンは、花粉症・アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎・じんま疹 気管支喘息などの、Ⅰ型アレルギーに、効果が非常に高いことがわかりました。
そのメカニズムは、アレルギーを引き起こす原因物質のヒスタミンを抑制するのです。
その効果の高さは、ステロイドの内服薬の力ほどあることが、実験の結果、判明しました。
しかも全く天然のもので、ステロイド剤とは別もので、ステロイド剤みたいな副作用も一切ありません。



牡蠣殻

○天然の牡蠣殻から作ったイオン化カルシウムは、アレルギー反応を抑制すると言われています。


ペプチドコラーゲン

粘膜を強化して肌を強くするペプチドコラーゲンは、粘膜を強化して肌を強くすると言われています。


免疫力をアップし、アレルギー反応に打ち克つ体質作りを応援します!



花粉症の悪化原因!

①コーラやジュース類や、白砂糖を沢山含むチョコレートやケーキ類が多くて、酸性体質に なっている人が多い。

②水分の取り過ぎで、余剰な水分が滞って(はな水・涙目・たんなど)を起こしやすい。

③食べ過ぎや偏食・むら食い・肉食過剰の結果、血液の汚れ、体質や粘膜を弱くしている。

④便秘やや生理不順など、体からの排泄が不十分な状態を放置して、血行不良や血液を汚している。

⑤油物が多い(てんぷら・唐揚げ・スパゲッテイー・カレー・グラタン・ハンバーグなど)アレルギーが 起きやすくなる。

⑥外食が多い。特に洋食が多い。緑黄色野菜不足。

⑦卵類をたくさん食べている。
毎日1~2個以上食べる(アレルギーが起きやすくなる)

⑧おもちやせんべいなど(もち米類)をよく食べる。(血液がベトベトになり、鼻づまりがひどくなる)



花粉症の養生法! <今日から始めましょう>


①和食を主として、緑黄色野菜を十分に摂りましょう。(血液をサラサラきれいにする)

②主食のごはんをできるだけ、白米より5分づきか、白米に雑穀などを入れて。

③タンパク質は肉や魚などで、一食50グラム以内にしましょう。

④甘い物は極力控え、1週間に1度くらいにしましょう。

⑤外食や油物は極力控え、1週間に1度くらいにしましょう。

⑥卵は1週間に1~2個程度にしましょう。 ⑦もち米類はたくさん食べ過ぎないようにして、1週間に1度くらいにしましょう。

⑧冷たいもの、体や冷やすものは摂りすぎないようにしましょう。 (身体が冷えると鼻炎になりやすく、鼻水が多く出る)


※花粉症・アレルギー性鼻炎でお悩みの方お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

お電話: 0955-62-2307  
0955-62-2307


***********************************